*

色々なプリント 第一弾|ロータリープリントについて

今回はプリントについて説明したいと思います。プリントと一言で言いましても色々な手法があります。当社でもよく使うロータリープリントや、顔料プリント、インクジェットプリント、スクリーンプリント、転写プリント、抜染プリント等があり、それぞれ扱う機械や、染料、特徴が違います。今回はロータリープリントについてご説明致します。

目次

  • 手法
  • 特徴
  • まとめ

 

手法

ロータリープリントは、円柱状のシリンダーに色ごとの版を彫り、回転させながらプリントしていきます。以前、工場の方が1本のシリンダーを作るのに5万円ほどかかると言われていました。色を増やしていくと、その分コストは上がると言う事ですね。生産ロットについてですが(あくまで当社がよく使う染工場でのロットです)柄ロットは約1,500Mで、色ロットは約400Mになります。

特徴

では、ロータリープリントの特徴について説明します。円柱状のシリンダーを回転させてプリントするので、生産性が高くタテに流れるストライプ系の柄やシンプルなチェック柄を得意とします。シリンダーの間を生地が通るので、切れ間なく連続的にプリントできます。
デメリットとしては、繊細な表現がしにくい事と、色数を増やすのが難しい事です。

まとめ

当社でもよく使うロータリープリントについて説明させていただきましたが、現在このロータリープリントを行う染工場が減ってきています。デジタルプリントの台頭や海外での安価品大量生産に伴う不採算、人手不足(特に若い人材がいない)等の問題があります。当社としては、国内で頑張っておられる染工場さんと今後も良い取り組みが出来ればと考えております。

 

 

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
綿素材と農薬について|エシカルを考える

こんにちは。アパレルアイの海内です。 私たちが身につける衣類を見てみる

アパレルの店舗の在り方が変わる!?

アパレルアイの福永浩士です。 デジタル化の波がどんどんアパレルの現場へ

織編組織名の由来について解説!第一弾はモザイク柄!

こんにちは、アパレルアイの桑田です。 今回から、織編組織名や柄名の由来

ブロークンツイル|生地の組織 

こんにちは。アパレルアイの海内です。 今回のブログでは生地の組織ブロー

プリーツ・タック・ダーツの違いって何?その違いを解説します!

何となく分かっているけど、「プリーツ」と「タック」と「ダーツ」の違いっ