*

染工場の抱える問題

こんにちは。福永泰士です。
日本の合繊素材の産地、北陸。北陸の染工場では現在深刻な状況が発生しています。

 

目次

  • 染料
  • 物流
  • 人材

 

染料

染色加工場にとって最も大事といっても過言ではない、染料。これがないと染色できません。仕事になりません。
深刻な状況とは、染料の価格高騰や、一部染料は入手できないということが発生しているということです。
一番大きな要因は、中国の環境規制強化です。世界的に中国が染料の圧倒的なシェアを誇っているのですが、環境規制強化により、一部では操業停止処分などが発生しているのです。

 

物流

アパレル業界に限らずですが、トラックドライバーの不足が問題になっています。なぜ生地に関係するかというと、生地は持ち運びが厄介な形状だからです。生地は1反あたりだいたい30~50mで、巻物のように巻いて運搬されます。
これを何十反も1反ずつトラックに積んだり降ろしたりするのはドライバーの重労働になり、敬遠されるケースがでてきています。まとめて運べるように専用のパレットを製造しているところもありますが、製造費用がかかるため、思うようにパレット導入が進んでいないのが現状です。

 

人材

現場の人材不足も大きな問題になっています。昨年から北陸では織物中心に注文がたくさん入っている状況ですが、設備があっても人がいないという状況も発生しています。
大手電機メーカーの工場が北陸で新設されたりなどで、人材の取り合いが続いているようです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
20SS展示会開催中!

アパレルアイの福永浩士です。 昨日、東京 原宿にて20SSの展示会を

アパレルアイ展示会案内

アパレルアイの福永浩士です。 先週は渋谷ヒカリエにて開催された繊研新聞

アパレルアイからのご案内(10/23~10/26)

アパレルアイの福永浩士です。 今回はアパレルアイからのご案内です!

アパレルの適正在庫と在庫回転期間

アパレルアイの福永浩士です。 在庫とは商品のことです。適切に販売できれ

宇宙とアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 ノーベル賞ウィークですね。少し前にブラッ