*

アパレル商品に役立つプリント手法 第五弾はインクジェットプリントについて

アパレルアイの桑田です。今回の第五弾で最終章となりますが、最後にインクジェットプリントについて解説します。

 

目次

  • 手法・特長
  • まとめ

 

手法・特長

アパレル商品でよく使われるインクジェットプリントと言えば、セーレンさんのビスコテックスが有名です。パソコンで作成したデザイン、カラー、サイズ、スタイル等をデジタルデータで生地の上に美しく忠実にプリントします。規則正しい柄を表現する従来のプリントと違い、途中で柄を変えたり、陰影をつけてさらに立体感を表現する事も可能です。色数についても従来のプリントは多くて20色くらいでしたが、ビスコテックスは1,670万色と比べ物にならないほどの色数でプリント出来ます。また、生産するにあたり、水やエネルギーの使用量も1/5~1/2に削減し環境にも配慮したプリント手法です。

まとめ

今回がプリント手法の最終章ですが、私個人的には、究極のプリントはこのセーレンさんのビスコテックスだと思っております。殆どの生地にプリントする事が出来、ロット制限が無く、写真のようにリアルにプリント出来ます。
ただ、今まで解説してきた5つのプリントもそれぞれのアジ(良さ)がありますので、デザイン、ロット、コスト、コンセプトによって、どのプリントを使うか参考にしていただければ幸いです。

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ZOZOスーツで計測してみた

アパレルアイの福永浩士です。 ZOZOTOWNの前澤さんが月に行かれる

ただ今、開催中!

アパレルアイの桑田です。 先週の12日~14日に2019年SS展示会を

2020年までにある大きなイベントから売れるパンツを考える

こんにちは。アパレルアイの海内です。 先週、当社の東京展示会にご来場い

アパレル関係者なら知っておきたい|インディゴ染料の歴史をご紹介

アパレルアイの中山悟です。爽やかなホワイトデニムやブリーチしたライトブ

東京展示会ありがとうございました!

こんにちは。福永泰士です。 今週12日(水)~14日(金)、東京原宿に