*

カジュアルって何?カジュアルの定義

こんにちは。ミスターカジュアルこと、福永泰士です。
当社はパンツメーカーで、カジュアルパンツも多く企画・生産しております。
何気なく使っている「カジュアル」という言葉。なんとなく「気軽な」とか「ラフな」というイメージがあると思いますが、何をもってカジュアルなのか、どこからどこまでがカジュアルなのか難しいですね。
今回はその「カジュアル」について、紹介したいと思います。

 

目次

  • カジュアルの定義
  • フォーマルとの違い
  • まとめ

 

カジュアルの定義

一般的な定義としまして、「格式ばらず、くつろいでいるさま。特に、気軽な服装のさま。」(デジタル大辞泉より)となっています。
この文章のままを服装でイメージすると、少しラフな格好の印象になりますね。
ファッションに関しては、ドレスコードというものがあります。
ドレスコードとはその場に適した服装のマナーのことで、大きく分けて「カジュアル」と「フォーマル」があります。ドレスコードがある時の「カジュアル」はTシャツとジーンズというわけにはいきません。ドレスコードの中において自由度は高いですが、「カジュアル」といっても何を着てもいいというわけではなく、マナーがあります。
カジュアルの中でもドレッシーな「カジュアルエレガンス」、もう少し自由度の高い「スマートカジュアル」と、シーンによって使い分けが必要な場合もあります。女性の場合はブラウスやワンピースを着用することが一般的です。

 

フォーマルとの違い

フォーマルとは、「公式的であるさま。形式的。儀礼的。」(デジタル大辞泉より)となっています。
「フォーマル」はドレスコードでは一番格式が高い服装で、つまり「正装」のことです。カジュアルとは正反対ですね。
結婚式や入学式で着用するようなものは「セミフォーマル」となり、2次会やパーティなどで着用するものは「インフォーマル」と呼ばれます。
カジュアルと同様に、フォーマルの中でもいくつか区分けがあり、TPOに合わせた着こなしが必要です。

 

まとめ

私たちアパレル関係者がよく使う「カジュアル」という言葉。実際には上述したようなドレスコードの話をすることは少なく、企画をする時や商品説明をしたりする時によく使います。
その際の「カジュアル」の意味合いとしては、綿に代表される天然繊維を使用した素材、洗い加工をしてあるもの、ジーンズテイストのもの、デイリーに着るもの、・・・などという場合に使用することが多いです。
非常に幅が広い言葉で、商品そのものや素材、着用シーンなど話の内容によって、同じ言葉でも意味合いが少し変化します。
共通していることは、「カジュアル = ラフ・何でもOK」ではなく、シーンによって使い分けが必要ということです。特にドレスコードを知っておくと役立ちますよ。

 

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
生地の整理・仕上げ加工

こんにちは。福永泰士です。 今週は本社で展示会を開催しており、多くの方

ZOZOスーツで計測してみた

アパレルアイの福永浩士です。 ZOZOTOWNの前澤さんが月に行かれる

ただ今、開催中!

アパレルアイの桑田です。 先週の12日~14日に2019年SS展示会を

2020年までにある大きなイベントから売れるパンツを考える

こんにちは。アパレルアイの海内です。 先週、当社の東京展示会にご来場い

アパレル関係者なら知っておきたい|インディゴ染料の歴史をご紹介

アパレルアイの中山悟です。爽やかなホワイトデニムやブリーチしたライトブ