*

紀元前からある天然素材が今なお使われる理由

繊維を大きく2つに分類すると、化学繊維・天然繊維に分けられます。今回は天然繊維ついてご説明させていただきます。

目次

  • 天然繊維の種類
  • 天然繊維のメリット・デメリットは?
  • まとめ

 

天然繊維の種類

天然繊維と一言で言っても、大きく分けると2種類あり、一つは植物繊維、もう一つは動物繊維です。植物繊維は植物の繊維やワタから作られ、代表的なものに綿があります。取れる地域や綿花の種類によって品質が異なり、ワタが細く長く、撚り(より)の多いものは良品とされ、肌触りも良く、上品な光沢があります。エジプトのギザ綿、ペルーのピマ綿、アメリカのスーピマ綿、中国の新疆(しんきょう)綿は高級綿と言われています。その他の代表的な植物繊維では麻があります。

動物繊維ですが、代表的なものにウールがあります。主に羊の体毛から取り、メリノウール、カシミヤウール、アンゴラウール等は冬の定番素材として使われています。その他では、シルク(絹)も動物繊維で、蚕が口から吐き出す繊維から作られます。高級素材の代表格ですよね。

天然繊維のメリット・デメリットは?

そんな天然繊維のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
①自然から作られた繊維なので、肌にやさしい
②比較的丈夫
③保湿性・吸水性に優れている

デメリット
①取り扱いが難しい(シワになりやすい、伸び縮みしやすい、乾きにくい)
②ウールは虫食いがある
③豊作、不作によって値段が乱高下する

まとめ

天然繊維は紀元前から衣類として使われています。ではなぜ、今現在も使われているのでしょうか?それは、人工的に作られる化学繊維(合繊)では表現する事の出来ない、快適な着心地、なにより天然ならではの人(肌)にやさしい繊維だからではないでしょうか。当社も綿や麻素材を使用したボトムを数多く企画生産しており、お客様に喜んでいただいております。今後は、天然素材のデメリットを改善し、よりお客様に喜んでいただける商品を作っていければと考えております。

 

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
合繊素材が海洋汚染を引き起こす??

こんにちは。アパレルアイの海内です。 先日、ファミリーレストランの「ガ

スーツを長持ちさせる簡単なお手入れ方法を解説!

アパレルアイの桑田です。 今回はビジネスマン、ビジネスウーマンには欠か

世界最強!?ミノムシの糸!

アパレルアイの福永浩士です。 以前天然繊維シリーズで「蜘蛛の糸」や「蚕

暖色と寒色。その効果・特徴について

アパレルアイの中山悟です。普段、無意識の内に視覚的に感じている色彩は、

フェイクファーについて解説します!

こんにちは吉實です。秋冬になるとあたたかそうでゴージャスに見れるファー