*

アパレルにとっての平成

こんにちは。福永泰士です。
ついに「平成」が終焉を迎えようとしています。
今回はアパレルにとって平成がどのような時代だったか、振り返ってみようと思います。

 

目次

  • 中国へ
  • 商社丸投げ
  • チャイナ・プラスワン

 

中国へ

平成元年(1989年)のアパレル輸入は、金額で約1兆円、数量で約32万トンでしたが、2018年には金額で3兆円以上、数量で108万トン以上にまで増え、3倍以上の増加になっています。その増え続けた輸入の中心は中国です。日本のアパレルは人件費の安い中国へ縫製地をシフトしていきました。

 

商社丸投げ

海外にシフトする前までは、アパレルは自社工場や協力工場を日本国内に持ち、自前で生地選定から、デザイン、パターンなど企画をつくり、縫製していました。
海外にシフトが進むにつれて「商社丸投げ」という言葉が出てきました。貿易などに精通していなくても、商社に依頼して簡単に輸出入を行うアパレルが増えました。貿易だけではなく、売場にある売れ筋商品を購入し、企画を自前で行わず、それをそのままつくるよう商社に依頼するアパレルもでてきたのです。

 

チャイナ・プラスワン

その後は、生産が中国に偏りすぎてしまう「チャイナリスク」の流れが加速しました。生産面だけではなく、中国の経済成長に伴う人件費上昇、人手不足、環境規制などもチャイナリスクとなりました。
そこから「チャイナ・プラスワン」の時代となります。ベトナム、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュなどが日本向けの縫製地として注目されるようになり、その流れは今も継続しています。
現在日本の市場で販売されているアパレル製品のうち、日本国内で生産された商品は2%強くらいの割合しかありません。

さて、令和はどのような時代になるのでしょうか。

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
海外出張の通信費をお得にするアイテム【グローカルネット】

アパレルアイの福永浩士です。 今や日本にある衣料品の97%以上が海外製

【レポートシリーズ】空調服を着てみた2019夏

アパレルアイの福永浩士です。 今すごい勢いで売れている「空調服」を実際

人口減でもアパレルに活路はある!

アパレルアイの福永浩士です。 気温がなかなか上がらなかった7月、夏物の

amazonとアリババとアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 冷夏の後に猛暑、酷暑。先日も出張で外を歩

お客様からお問い合わせ頂きました

アパレルアイの福永浩士です。 西日本全域と北陸では梅雨明けになったよう