*

生地の表裏見分け方を解説!

アパレルアイの桑田です。
今回は生地の表裏の見分け方を解説します!

目次

  • 反物の場合
  • 着分の場合
  • まとめ

 

反物の場合

生地が棒状のものに巻きつけてあるものを反物と言いますが、この反物の場合は中側(内側)が表になり、外側が裏になります。
「中表」っていう言葉聞いたことないですか?反物は中が表です↓

 

着分の場合

では、反物でない状態、例えば着分(1着分の生地のことを略して着分と言います)の場合はどのように見分けたらよいでしょうか?そんな場合は生地の耳部分(端部分)をよ~く見てもらうとわかります。耳部分には小さな穴がたくさん開いています。この穴は生地の裏側から針で刺したもので、生地を固定させ、シワや巾を整えるために行います。
ですので、刺した裏側は穴が凹んで、反対の表側は凸となります。

穴が凹んでいる方が裏で↓

穴が凸の方が表とになります↓

わかりづらい!!
ですよね。。。
こちらがアップした裏側の写真です。
穴が凹んでるのわかりますか!?

こちらが表側になります。
穴が凸してるのわかりますか?

 

まとめ

今回生地の表裏の見分け方を解説しましたが、100%ではないのでご了承下さい。
今では、両面表使いできる生地や、外表で巻いている反物も多く有ります。
一番正確に表裏の判断をするには、仕入先に確認することをお勧めします。。。

ちなみに、左胸にあるサングラスは刺繍です。
実際かけているメガネに度は入っていません。

 

 

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と