*

シワになりにくい生地を解説!

アパレルアイの桑田です。
本日は、シワになりにくい生地を解説します。

目次

  • シワになりにくい生地組成
  • シワになりにくい生地組織
  • まとめ

 

シワになりにくい生地組成

では最初に、どのような組成の生地がシワになりにくいかご説明します。
一番に挙げられるのが、ポリエステルです。ポリエステルは、糸自体に反発性が有りシワになっても元に戻そうとします。
次に挙げられるのが、ウールです。ウールもポリエスエル同様に反発性がある糸の為、シワになりにくいです。
反対にシワになりやすい組成を説明しますと、綿、麻、レーヨン等は糸に反発性が少ないため、シワになりやすいです。
ただし、シワになりやすい組成でも撚糸(糸に撚りをかける工程)するとシワになりにくくなります。

シワになりにくい生地組織

シワになりにくい組成を説明しましたが、今度はシワになりにくい組織を説明致します。
生地には織物と編物が有りますが、シワになりにくいのは編物(ニット)です。編物は織物のように、たて糸とよこ糸が高密度に組み込まれておらず、ループにして糸を絡めているので組織が動きやすくシワになっても回復しやすいです。織物は、密に織られているので、組織が動きにくくシワになったらなかなか回復しません。

まとめ

数年前までは、カッターシャツ、スーツ等に織物素材が多く使われていました。今では編物素材が多く使われています。シワになりにくい事は勿論、編物組織の特性でストレッチ(伸び)も有ります。当社の大ヒット商品「クールセンサーパンツ」もポリエステルで編物素材を使用しております、更に強撚糸しているので殆どシワになりません。お客様のご要望に応えれる素材開発を今後も行っていきます!

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルにおけるOEMとODMの違いについて

アパレルアイの福永浩士です。 皆さんは、好きなブランドやこだわりのブラ

ポリエステルとテトロンの違いは?説明します!

アパレルアイの桑田です。 皆さん、ポリエステル表記をする際に、「T」で

中国で進む環境規制と染工場の状況についての最新情報

こんにちはアパレルアイの海内孝治です。 先週一週間中国へ19S/Sの素

繊維の種類別のお洗濯・お手入れ方法のご紹介!

アパレルアイの中山です。今回は繊維の素材別のお洗濯・お手入れ方法のご紹

ショップチャンネル|ラ・シュシュ ひんやりと清涼感の機能をご紹介!

こんにちは。ラ・シュシュのブランドを担当させていただいております吉實弘