*

シワになりにくい生地を解説!

アパレルアイの桑田です。
本日は、シワになりにくい生地を解説します。

目次

  • シワになりにくい生地組成
  • シワになりにくい生地組織
  • まとめ

 

シワになりにくい生地組成

では最初に、どのような組成の生地がシワになりにくいかご説明します。
一番に挙げられるのが、ポリエステルです。ポリエステルは、糸自体に反発性が有りシワになっても元に戻そうとします。
次に挙げられるのが、ウールです。ウールもポリエスエル同様に反発性がある糸の為、シワになりにくいです。
反対にシワになりやすい組成を説明しますと、綿、麻、レーヨン等は糸に反発性が少ないため、シワになりやすいです。
ただし、シワになりやすい組成でも撚糸(糸に撚りをかける工程)するとシワになりにくくなります。

シワになりにくい生地組織

シワになりにくい組成を説明しましたが、今度はシワになりにくい組織を説明致します。
生地には織物と編物が有りますが、シワになりにくいのは編物(ニット)です。編物は織物のように、たて糸とよこ糸が高密度に組み込まれておらず、ループにして糸を絡めているので組織が動きやすくシワになっても回復しやすいです。織物は、密に織られているので、組織が動きにくくシワになったらなかなか回復しません。

まとめ

数年前までは、カッターシャツ、スーツ等に織物素材が多く使われていました。今では編物素材が多く使われています。シワになりにくい事は勿論、編物組織の特性でストレッチ(伸び)も有ります。当社の大ヒット商品「クールセンサーパンツ」もポリエステルで編物素材を使用しております、更に強撚糸しているので殆どシワになりません。お客様のご要望に応えれる素材開発を今後も行っていきます!

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
暖色と寒色。その効果・特徴について

アパレルアイの中山悟です。普段、無意識の内に視覚的に感じている色彩は、

フェイクファーについて解説します!

こんにちは吉實です。秋冬になるとあたたかそうでゴージャスに見れるファー

買い物の醍醐味

こんにちは。福永泰士です。 みなさん、最近買い物がネットばかりになって

これは新しい!?|最新トレンド「パックドリンク」

こんにちは。アパレルアイの海内です。 このところ暖冬だとか何とかで冬物

毛玉の効率的な取り方解説します!

アパレルアイの桑田です。 前回は、「セーターを縮ませない洗い方としぼり