*

ベトナムの対日ビジネス現状について

アパレルアイの桑田です。
当社でもベトナム商品の企画、生産をおこなっておりますが2~3年前の状況と比べ大きく変わろうとしています。
そんなベトナムの状況についてお伝えします。

 

目次

  • ベトナムの国策は?
  • 対日関係は?
  • まとめ

 

ベトナムの国策は?

国策として政府は、今後も繊維事業に力を入れていく方針で、川上、川中のインフラ整備をより強化し輸出相手国として、欧米、中国向けを優先に考え、調査、研究を進めています。

対日関係は?

では、対日関係はと言いますと...少し雲行きが怪しく、日本のオーダーを受けたがらない傾向です。
その原因の一つとして挙げられるのが、日本市場の低迷です。そしてそれに伴い、小ロット、短納期、低単価、高品質と要求が高い割にメリットが低いことが挙げられます。
現に当社も使っていた生地屋、縫製工場共に欧米、中国向けの大量オーダーが入っています。中には、数年先までのオーダーが入っている工場もあります。

まとめ

チャイナプラスワンとして、なくてはならない国ベトナム。
今後の付き合い方をどのようにしていくか、今後真剣に考えていかなければならないと強く感じています。

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ZOZOスーツで計測してみた

アパレルアイの福永浩士です。 ZOZOTOWNの前澤さんが月に行かれる

ただ今、開催中!

アパレルアイの桑田です。 先週の12日~14日に2019年SS展示会を

2020年までにある大きなイベントから売れるパンツを考える

こんにちは。アパレルアイの海内です。 先週、当社の東京展示会にご来場い

アパレル関係者なら知っておきたい|インディゴ染料の歴史をご紹介

アパレルアイの中山悟です。爽やかなホワイトデニムやブリーチしたライトブ

東京展示会ありがとうございました!

こんにちは。福永泰士です。 今週12日(水)~14日(金)、東京原宿に