*

デニット糸って何?|デニットを解説します。

こんにちは。アパレルアイの海内です。
今回のブログは「デニット糸」について解説します。

目次

  • デニット糸とは
  • 効果について
  • まとめ

デニット糸とは

通常ニット素材は糸を編立て生地にしていきます。それに対してデニット糸とは一度糸の段階でアウターの袖くらいの太さに筒編みを行います。その後熱処理を施し、その筒編みしたものをほどいてまた糸の状態に戻します。このほどいた糸の事をデニット糸と呼びます。

効果について

一度筒編みしたものをほどいて糸の状態に戻すという何と効率の悪い加工方法なの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。ではなぜそのような工程で加工するのか?効果について解説します。一度筒編みすることによって捲縮性(けんしゅくせい)が生まれます。つまりパーマをかけたように縮れた状態や凹凸感ができるのです。この縮れた捲縮性がある状態の糸を使用し編立することによって空気の入る隙間が生まれ、嵩高性や生地に膨らみを出すことができます。また風合いもやわらかくなります。

まとめ

パイル時のニット風デニムの事も「デニット」と呼ぶそうですが、今回は加工をした「デニット糸」について解説しました。この加工方法はまさに“ひと手間”かけたこだわりの加工方法です。今このデニット糸を使用した素材開発を検討しておりますのでお楽しみに!!

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
海外出張の通信費をお得にするアイテム【グローカルネット】

アパレルアイの福永浩士です。 今や日本にある衣料品の97%以上が海外製

【レポートシリーズ】空調服を着てみた2019夏

アパレルアイの福永浩士です。 今すごい勢いで売れている「空調服」を実際

人口減でもアパレルに活路はある!

アパレルアイの福永浩士です。 気温がなかなか上がらなかった7月、夏物の

amazonとアリババとアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 冷夏の後に猛暑、酷暑。先日も出張で外を歩

お客様からお問い合わせ頂きました

アパレルアイの福永浩士です。 西日本全域と北陸では梅雨明けになったよう