*

パンツってどのように染められているの?

こんにちは。色あせしそうなものは必ず裏返して洗う、福永泰士です。
普段何気なく着られている服、どのようにして色が付けられているか、なかなか分からないですよね。
服は大きく分けて、染料か顔料で色を付けられています。
今回はこの染料と顔料の違い、また代表的な染料について解説します。

 

目次

  • 染料と顔料の違い
  • 染料の種類
  • まとめ

 

染料と顔料の違い

染色と聞くと、何となく大きな釜に色がついた液体に生地を入れて、色を付けているイメージですよね。
色素が繊維の内部に入り込むもののことを「染料」といいます。繊維に色素が吸着、結合するものが染料で、基本的に水に溶けるものです。
一方、顔料とは色素の粒子が大きいため、繊維の内部には入り込めず、繊維の表面に載っているものが顔料です。樹脂や熱によって、繊維の表面に固着します。絵具のイメージです。色が繊維に吸着するわけではないので、顔料の欠点としては色落ちしやすいということです。ただ商品によっては、この色落ちを楽しむために、顔料で色をつけているものもあります。

 

染料の種類

染料の中でも天然染料と合成染料がありますが、天然染料は安定的に原料が入手しにくいため、多くの場合は合成染料が使用されています。
合成染料の種類で、代表的なものが下記のものです。

[直接染料]
水に良く溶け、綿や羊毛など、動植物系の繊維に適しています。アセテートや合成繊維には適していません。
摩擦堅牢度は良いですが、耐光や洗濯堅牢度はそれほど良くありません。

[酸性染料]
これも水に良く溶け、羊毛、絹、ナイロンなどに適した染料です。セルロース系の繊維には適していません。(レーヨン・リヨセル・アセテートなど)
色調がキレイに出やすいのと、堅牢度が良いのが特徴です。

[反応染料]
繊維と染料が化学結合することにより染色し、吸着、結合力が強いのが特徴の染料です。
吸着が強いので当然 洗濯堅牢度は良く、色調もキレイにでます。元々はセルロース系の繊維用として使用されていたようですが、現在は綿や麻などにも使用されることもあります。

 

まとめ

上記は代表的な染料ですが、他も含め、どの染料にも長所短所があります。
染料をよく理解することで、生地の堅牢度や特徴も把握でき、付ける色やものづくりに活かすこともできます。
色をつけるにも、生地の段階で染める場合も、縫製してパンツの形になった後で染める場合もあります。
糸の段階で色をつけて、その糸を織ったり編んだりする場合もあります。
またの機会に、その他の染料や染め方についても紹介したいと思います。

 

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。
福永 泰士

最新記事 by 福永 泰士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
cafetabi パンツ スタート!

こんにちは。福永泰士です。 cafetabi パンツ、スタートしました

ファッションにおける天然繊維|植物繊維編

アパレルアイの福永浩士です。 前回まで「化学繊維(人造繊維)」について

生地の表裏見分け方を解説!

アパレルアイの桑田です。 今回は生地の表裏の見分け方を解説します!

晩夏初秋には腰高パンツをお勧めします!|aiai商品紹介

こんにちは。アパレルアイの海内孝治です。 前回のブログでは【晩夏初秋商

体型のお悩み別パンツの選び方をご紹介!

アパレルアイの中山です。体のラインが出てしまいがちなパンツですが、選ぶ