*

燃焼による素材の見分け方を解説!

アパレルアイの桑田です。
大好評中の「ポケットの種類解説」シリーズですが、モデルの中山が出張で不在の為、今回は急きょ「燃焼による素材の見分け方」を解説したいと思います。中山ファンの皆様申し訳ございません。
ちなみにですが、ポケットシリーズのモデルを桑田自らやっていると思われている方がいらっしゃるようですが、モデルは「中山」↓ですよ(^^)v

目次

  • 天然繊維の見分け方
  • ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンの見分け方
  • まとめ

 

天然繊維の見分け方

今ではあまり見かけませんが、糸をライターで燃やして生地の組成を調べているの見たことありませんか?
燃え方や、燃えカスである程度の組成を判断することが出来ます。
天然繊維の場合
「綿・麻」は早く簡単に燃え、灰色の灰が残ります。
「ウール・シルク」は溶けるようにゆっくり燃え、黒色の灰が残ります。

ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンの見分け方

次に化学繊維の代表として「ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン」を説明します。
「ポリエステル」は液体状になりながら黒煙を出し燃え、黒い灰が残ります。
「ナイロン」は液体状になりながら徐々に燃え、硬いガラス状の灰が残ります。
「ポリウレタン」は液体状になりながら燃えますが、炎を離すと燃えなくなります、灰は、ゴム状の粘着性のある塊となります。

おまけで
「レーヨン」は綿や麻と同じように早く簡単に燃え、白色の灰が残ります。

 
青字でアンダーラインしている箇所を覚えれば、わかりやすですね!

まとめ

このように、燃え方や燃えカスで生地の組成をある程度判断することが出来ます。
例えば、綿/ポリエステル/レーヨン/ポリウレタンデニムのたて糸、よこ糸は何を使用してるか調べることも出来ますよね!
気に入った生地があって、すぐに組成を調べたい場合等には便利ですね。

皆さまも是非一度試してみて下さい。
*くれぐれも安全な場所で、やけど等無いよう注意して下さいね。

次回はモデルの中山も帰ってきますので、ご期待下さい(^^)v

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。
桑田 義久

最新記事 by 桑田 義久 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
関心が高まるESGについて

  こんにちは。アパレルアイの海内です。 持続可能な開発目

PLUG INのブース№決定しました!

3月13日~3月15日に渋谷のヒカリエ(9F)で開催される 「PLUG

旧暦とアパレル(2月編)

アパレルアイの福永浩士です。 2月ですね。2月は旧暦で如月(キサラギ)

「ヘリンボーン」ってどんな柄?由来等を解説します!

皆様は「ヘリンボーン」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?今回

今夏は爽やかに!

こんにちは。福永泰士です。 寒さ真っ只中でございますが、店頭にはもう夏