*

アパレルの適正在庫と在庫回転期間

アパレルアイの福永浩士です。
在庫とは商品のことです。適切に販売できれば利益が出るものでありますが、売れないとコストになるものです。
アパレル製品は、食料品のように消費期限が過ぎてまったく口をつけられなく状況にはならないですが、ファッションにも鮮度があり、それを過ぎると形はそのままでも価値を維持していくのは大変難しく、適切な在庫管理が必要です。
さて今回はその「在庫」に関する考え方の一端をご紹介いたします。

目次

  • 目安は1.5~1.7か月
  • リードタイム(所要期間)が決めて
  • まとめ

目安は1.5~1.7か月

在庫回転期間=期末在庫÷平均月商(年商÷12)で表されます。
アパレルで「適正在庫」と言われる期間は実売期だと1.5~1.7か月、セール期だと1か月です。販売時期により、「適正在庫期間」は異なりますのでご注意ください。
どのアイテムをどのタイミングで店頭に並べ、どれくらい売れていったのかこれをキチンと集計していると、適正在庫量が推測しやすくなります。

リードタイム(所要期間)が決め手

当然どの立場においても「適正在庫」でありたいものです。適正在庫であるためにはリードタイムの短縮がポイントになってきます。ただ、ひとえに「リードタイム」といってもポジションにより違いがありますので、簡単にご説明いたします。
【発注リードタイム】…発注から納品までの期間。短いほど、市場の動きを見ながら仕入れができるので余剰在庫を持つことが少なくなります。
【生産リードタイム】…商品の生産に取り掛かって、商品ができあがるまでの期間です。
【納品リードタイム】…商品を受注してから取引先へ納品するまでの期間です。(発注リードタイムと立場は逆になります)
各段階において、まだ存在する「ムダ・ロス」を省くという企業努力でできる部分もありますが、相手側に「急いで!」だけをいうのは無理が生じます。相手が何をしているか、自社に届くまでにどんな工程があり、また自社からその先へ納品するのにどれくらい時間を要するのか理解して、その情報を踏まえた上で社内外に依頼することがリードタイム短縮に肝要です。

まとめ

ここ最近、アパレル業界でも「閉鎖」「倒産」などの文字を見かけることが多くなったように思います。いろいろ原因はあるようですが、「在庫」の問題が少なからず絡んでいることは間違いありません。
適正な在庫管理を行っていくことが、健全なキャッシュフローを生み出します。
会社として、部門として、アイテムとしてきちんと管理していくことが肝要ですね。

The following two tabs change content below.
福永 浩士

福永 浩士

主に名古屋地区の営業。 経営補佐として経営計画書作成準備や各種資料の作成、情報の収集と整備をしています。助成金の申請や就業規則の見直しなど社内労務管理にも携わっています。
福永 浩士

最新記事 by 福永 浩士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
独身の日 2019

アパレルアイの福永浩士です。 今年も中国で「独身の日」(=11月11日

20SS展示会開催中!

アパレルアイの福永浩士です。 昨日、東京 原宿にて20SSの展示会を

アパレルアイ展示会案内

アパレルアイの福永浩士です。 先週は渋谷ヒカリエにて開催された繊研新聞

アパレルアイからのご案内(10/23~10/26)

アパレルアイの福永浩士です。 今回はアパレルアイからのご案内です!

アパレルの適正在庫と在庫回転期間

アパレルアイの福永浩士です。 在庫とは商品のことです。適切に販売できれ