*

体型のお悩み別パンツの選び方をご紹介!

アパレルアイの中山です。体のラインが出てしまいがちなパンツですが、選ぶものによっては、気になる部分(シルエット)をカバーできます。今回は、脚と腰回りのお悩みを中心に、気になる部分をカバーしやすいパンツの着こなし方法をご紹介します。

 

目次

  • 腰回りの太さが気になる
  • 脚の短さが気になる
  • 脚と腰回りのライン全体が気になる
  • まとめ

 

腰回りの太さが気になる

タック入りパンツがオススメです。タックが入った分だけ腰回りにゆとりを持たせられ、自由度が増える分、着心地が良くなります。それ以外なら、ストレートタイプやワイドシルエットのパンツも◎。腰から下にストンとシルエットが落ちるので、テーパードタイプよりも腰回りのボリュームをカバーしやすくなります。トップスには、裾にもゆとりを持たせたふんわりシルエットのアイテムを。さらに腰回りのラインを隠すことができます。

 

脚の短さが気になる

ウエストオーバーサイズのワイドパンツがオススメ。太ももの太さが気になる人には特にオススメです。でも、ワイドパンツで脚全体の太さをカバーしても、ウエストがパツンパツンでは、そのカバー効果は半減。ウエストにも余裕を持たせたオーバーサイズ気味(もしくはタック入りパンツ)をチョイスすれば、ふんわり・ゆったりみせることができますよ。カラーは淡色だと視線が脚に集まってしまうので、ぜひ濃いめのものを。トップスは着丈が長いものは×。胴長に見えてしまいます。

 

脚と腰回りのライン全体が気になる

スカーチョがオススメです。昨今大流行したガウチョパンツとスカートが一緒になった「スカーチョ」。まるで見た目はスカートのように見えるのに、実はパンツになっているのでとっても楽チン。ガウチョの広がりをもった、近年のトレンドシルエットはおさえつつ、脚のライン全体をカバーしてくれます。デニム生地なら、幅広いコーディネートに対応できて、オールシーズン大活躍してくれるので、体型をケアしたコーディネートのお悩みに大助かりです。

 

まとめ

自分の体にフィットしたアイテムを着用したオシャレもいいけれど、自信がなくカバーしたい部分もありますよね。そんなときのアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中山 悟

中山 悟

やっている仕事は主にaiaiの商品のデザイン。販促物・提案MAPの製作。社内のムードメーカー。パソコン関係の環境整備を行っています。 ブログを通して皆様にお役立ち情報を提供致します!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と