*

『モノよりコト』という考え方をしてみよう!|染工場のオーダーから考える編。

みなさんこんにちはアパレルアイの海内孝治です。
今日は前回に引き続いて『モノよりコト』について、今起きている国内の染工場が混み合っている問題と合わせて考えてみたいと思います。

目次

  • いま日本の染工場で起きていること。
  • なぜ急にオーダーが増えたのか?
  • 共通点は機能性!
  • まとめ

 

いま日本の染工場で起きていること。

近年、中国の環境規制によって汚染水対策が遅れている染工場は操業停止や生産調整を強制され、納期面にも大きな影響が出ています。それに伴い中国のオーダーが日本に流れ、日本国内の染工場も今パンク状態になっています。私たちがレディースパンツをつくる上で良く使用する「ハイテンション素材」は北陸の染工場で染加工を行っています。通常の染加工のリードタイムは約一か月程度ですが、現在は通常の2~3倍以上のリードタイムとなっています。しかし、日本の染工場にオーダーが集中しているのはこの環境規制問題だけが影響ではないようです。ここにも『モノよりコト』の影響があるようです。

なぜ急にオーダーが増えたのか?

これは中国に入っていたオーダーが国内に流れて来ている事が大きな原因です。ではどんな商品のオーダーが増えているのでしょうか?。
北陸産地で増えているオーダーは「スポーツ」と「メンズ」です。確かに「スポーツ」はアスレジャーやスポーツカジュアルが牽引して好調のようです。メンズもロードサイドのスーツ屋さんでレディーススーツを取り扱われるようになって好調と聞きました。地方のお店でも2月、3月の土日はフレッシャーズやリクルートのお客さんでごった返しているそうです。

共通点は機能性!

「スポーツ」と「メンズ」が好調と聞くけれど、何故そんなに急成長しているのでしょうか?何が要因で好調なんでしょうか?また「スポーツ」「メンズ」という大きなカテゴリーの中で何が好調なのか?それを考えてみるとヒントが見つけられるのではないか?と考えました。
メンズのオーダーについて生地屋さんに聞いてみたところ合繊のスーツが増えているそうです。全体的な数字が急激に増えているわけでなく今までウールでつくっていた商品が合繊に変わっているのだそうです。
一方でスポーツ素材について聞いてみたところ、単純に日本の素材が注目されているという事です。
共通していることは機能性に優れた合繊素材に変わっているという事です。
ストレッチ性、シワになりにくい、型崩れしにくい、吸汗性が良い、夏は涼しい、冬は暖かいといった機能素材が多くあります。これらの機能素材をビジネスでもスポーツでも使っているという事です。

まとめ

ビジネスでもスポーツでも、それぞれのお困りごととシーンを考えた結果、より動きやすく快適な機能素材に変化しているのだという事が見えてきました。「もっとこうだったらいいのに。」という声を聞き、それを解決し、より良いものにしていく事。それぞれのシーンを考えて、そのシーンで使いやすい商品を考えること。北陸の染工場が混んでるのはそういったことから開発された商品がヒットしている事が原因のひとつなのではないか?と思います。

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
カンボジア生産での品質管理の方法を解説!

こんにちは。アパレルアイの海内です。今日から私はカンボジアに来ています

ショップチャンネル|ラ・シュシュ通気性抜群!涼しく快適な風を装うパンツ

こんにちは。ラ・シュシュを担当させていただいております吉實弘子です。

ポリウレタンってどんな糸?特長を解説します!

綿100%とポリウレタン混紡のデニム生地、それぞれの生地にはきちんとし

暫定8条 | 輸入時の関税制度

こんにちは。福永泰士です。 梅雨も明け、秋物がドンドン入荷しております

アパレルとTPP

アパレルアイの福永浩士です。 先日、日本を含む11カ国による新たな環太