*

連続染色について解説!

アパレルアイの桑田です。
先日ベトナムに出張した際に、殆どの生地屋さんで「連染」と言う言葉が出てきました。
今回は、この「連染」について解説します。

目次

  • 連染とは?
  • まとめ

 

連染とは?

連染の読み方は「レンセン」と読み、連続染色の略です。
では、連続染色とはどのような染め方なのでしょうか?簡単に言いますと、大量の生地を短時間で染めていく加工です。
一定方向に生地を引っ張りながら、染→乾燥→クーリング→スチーム→ソーピング→乾燥を連続的に行います。
分速200M以上の速さで加工できるので、10,000Mの生地が50分程度で加工できると言う事です、すごいですね!
ベトナムでは、アメリカ・欧米向けの大量注文をこの連染で加工しています。

まとめ

かつての日本も、この連続染色で世界を圧巻し、日本の高度成長を支えた繊維業の一つでもあります。
しかし今では、連続染色を行う染工場は数社しかなく、産業として成り立たなくなっています。
コスト追求し、中国、ベトナム、ASEAN諸国へと殆どが移り、安価で大量生産できるようになっています。

近い将来、かつての日本のようにベトナムでもコストが合わなくなることが想定されます。
では、次の物作りをどうしていけばよいか!?

しっかり考えていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
海外出張の通信費をお得にするアイテム【グローカルネット】

アパレルアイの福永浩士です。 今や日本にある衣料品の97%以上が海外製

【レポートシリーズ】空調服を着てみた2019夏

アパレルアイの福永浩士です。 今すごい勢いで売れている「空調服」を実際

人口減でもアパレルに活路はある!

アパレルアイの福永浩士です。 気温がなかなか上がらなかった7月、夏物の

amazonとアリババとアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 冷夏の後に猛暑、酷暑。先日も出張で外を歩

お客様からお問い合わせ頂きました

アパレルアイの福永浩士です。 西日本全域と北陸では梅雨明けになったよう