*

夏でも冬でも嬉しい中空糸

こんにちは。福永泰士です。
酷暑の日が続いておりますので、皆様体調には十分お気を付けください。
そんな暑い時期ではありますが、秋冬ものとしてこれから出荷される当社の企画の中に「中空糸」という糸を使用したものがあります。
今回はその「中空糸」について解説します。

 

目次

  • 中空糸とは
  • 中空糸の特長
  • まとめ

 

中空糸とは

読んで字のごとく、中側に空洞、隙間がある糸のことを中空糸と言います。外から見ただけでは分からないのですが、実は顕微鏡でのぞいてみると、中心にあるはずの繊維がないのです。マカロニみたいな感じです。
中空率が50%以上という糸も存在します。

 

中空糸の特長

なぜわざわざ中に隙間をつくるのでしょうか?
隙間をつくることによって、様々なメリットがあるからです。

・軽くなる
・柔らかくなる
・保温性が高くなる

当社は冬もの商品の1つに取り入れています。冬ものはどうしても寒さを感じにくいよう、肉厚の素材を使用する場合が多いのですが、肉厚にする分、重くなってしまいます。
それを中空糸を使用することで軽くなり、パンツをはいた時に重さを感じにくくなります。柔らかさもでるので、より快適にはいていただけます。
また、空洞があるので空気を多く含み、保温性が高くなるので寒い冬に寒さを感じにくくなります。

 

まとめ

当社のようにパンツにも使用されますが、タオルやスポーツウエアなどにも多く使用されています。見た目の割に「あっ、軽い!」と感じたら、それは中空糸が使用されているかもしれません。
一般的には中空糸は繊維が少ない分、速乾性が高くなり、洗濯しても乾きやすくなるので、これも良さですよね。
もう「冬ものは重たくて当然」の時代ではありません。

 

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。
福永 泰士

最新記事 by 福永 泰士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と