*

これからの時代に不可欠なインフルエンサーの存在

こんにちは海内孝治です。
今日から6月ですね。鬱陶しい梅雨の時期に突入しますが、夏物最終フィニッシュに向けて今月も頑張りましょう!
今回は近頃よく耳にする“インフルエンサー”について解説してみたいと思います。

 

目次

  • インフルエンサー
  • インフルエンサーマーケティング
  • 今後のWEB販売戦略
  • まとめ

 

 

インフルエンサー

インフルエンサーとは“世間に与える影響が大きい行動を行う人”を表す言葉ですが、今はFacebookやInstagram、YouTubeなどのSNSで多くのフォロワーを持つ人のように“購買意欲”に対して強い影響力を及ぼす人を指して使われています。
今の様にSNSが普及する前は,メディアでの露出が高い芸能人やスポーツ選手、文化人といった人たちがインフルエンサーと呼ばれていましたが、このところ使われている『インフルエンサー』はインターネット上やSNSで大きな影響を与える「ユーチューバ―」「ブロガー」「インスタグラマー」と言われる人たちの事を指して使われることが多くなりました。
余談ですが、冬になると毎年流行する『インフルエンザ』という語は16世紀のイタリアで“影響”を意味する言葉として名づけられた病名で、『インフルエンサー』と『インフルエンザ』の語源は一緒なのです。

 

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、特定のコミュニティにおいて強い影響を与えるインフルエンサーを企業が活用して消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法です。
趣味や好みが細分化したこの時代には、これまでの企業が不特定多数の消費者に対してメッセージを発信する“マスアプローチ”よりもSNSなどのコミュニティを利用して行われる“インフルエンサーマーケティング”が購買意欲の向上に効果的と注目されています。
企業はターゲット層に大きな影響を与える“インフルエンサー”に商品やコンテンツを実際に利用してもらい、そのプロセス感想をブログやSNSを使って宣伝して、それをフォローワーによって“拡散”されることが狙いのひとつになります。

 

今後のWEB販売戦略

米国広告主協会が158のブランドを対象に行った調査によれば、対象の75%のブランドがインフルエンサーマーケティングを活用しており、その半数近くの(43%)が今後の一年間でインフルエンサーマーケティングの予算を増やす計画だと回答したそうです。
今後のWEB販売にはターゲットのお客様の心をつかむインフルエンサーの存在が不可欠という事です。

 

まとめ

ファッションや趣味、休日の過ごし方、考え方など商品者の好みは細分化しています。
それぞれのターゲットを見極め、そのターゲットに影響力を与える人を活用することが大切です。
近頃の小学生の将来の夢にも、『歌手になりたい』という子供より、『ユーチューバー』『インスタグラマー』になりたいという子供が目立つようになったと言われています。
ターゲットに影響力を与える『インフルエンサー』になることも戦略のひとつですね。

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルにおけるOEMとODMの違いについて

アパレルアイの福永浩士です。 皆さんは、好きなブランドやこだわりのブラ

ポリエステルとテトロンの違いは?説明します!

アパレルアイの桑田です。 皆さん、ポリエステル表記をする際に、「T」で

中国で進む環境規制と染工場の状況についての最新情報

こんにちはアパレルアイの海内孝治です。 先週一週間中国へ19S/Sの素

繊維の種類別のお洗濯・お手入れ方法のご紹介!

アパレルアイの中山です。今回は繊維の素材別のお洗濯・お手入れ方法のご紹

ショップチャンネル|ラ・シュシュ ひんやりと清涼感の機能をご紹介!

こんにちは。ラ・シュシュのブランドを担当させていただいております吉實弘