*

国内染工場の現状を解説!

アパレルアイの桑田です。
今回は、国内の染工場の現状について解説したいと思います。

目次

  • 原料価格は?
  • 生産スペースは?
  • まとめ

 

原料価格は?

一言で云えば、原料価格は上昇しております。
分散染料、スレン染料共に中国からの輸入が多く
環境を無視して安価な物作りをしていた染料工場はなくなり、品薄状態が続いております。
また国内の染工場では、小ロット、短納期を求めるユーザーが増え、残業や休日出勤の増加でコストアップになっております。

生産スペースは?

価格転嫁できない染工場は廃業に追い込まれ、残った染工場に注文が集中し生産スペースは不足しております。
ファッション業界の低迷からは想像もつかない、価格上昇、生産スペース不足が続いております。

まとめ

追い打ちをかけるように、物流費(運賃)の上昇もコストアップの大きな原因になっており、今後どのように他社と差別化をはかり、市場のニーズにタイムリーに商品提供できるかが大きなカギになると感じます。

The following two tabs change content below.
桑田 義久

桑田 義久

企画、営業をおこなっております。主に国内素材の国内縫製「made in japan」を行っており安心・安全・高品質・短納期でお客様に喜んでいただける商品作りを心がけております。又、最近はベトナムでオリジナル素材開発を行い、こだわりを持った商品作りも行っております。
桑田 義久

最新記事 by 桑田 義久 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
関心が高まるESGについて

  こんにちは。アパレルアイの海内です。 持続可能な開発目

PLUG INのブース№決定しました!

3月13日~3月15日に渋谷のヒカリエ(9F)で開催される 「PLUG

旧暦とアパレル(2月編)

アパレルアイの福永浩士です。 2月ですね。2月は旧暦で如月(キサラギ)

「ヘリンボーン」ってどんな柄?由来等を解説します!

皆様は「ヘリンボーン」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?今回

今夏は爽やかに!

こんにちは。福永泰士です。 寒さ真っ只中でございますが、店頭にはもう夏