*

商標登録について解説します!

こんにちは。アパレルアイの海内です。私たちが商品企画をする際に素材選びやデザイン、シルエット、はき心地の良さと同じくらい大切にしているのが「ネーミング」です。今回のブログは「ネーミング」と深い関係の商標登録について解説させていただきます。

 

目次

  • 商標とは
  • 商標を登録する。
  • ®(マルアール)とTM(ティエム)
  • まとめ

商標とは

簡単に言うとこの商品は誰(どこの会社)がつくった商品か?誰(どこの会社)が行っているサービスなのか?を表すものであり、類似する商品でも自社の商品であることを識別させる事が出来るものです。また識別させるだけでなく、この商品の品質保証や広告宣伝の機能までの役割を果たすことが出来るものです。例えば食べ物の場合だと、コーラ、カップラーメン、ポテトチップスなど類似する商品でもメーカー毎に商品名や味が異なります。これらを識別させ尚且つ差別化させて宣伝する機能が商標にはあるのです。

 

商標を登録する

商標は特許庁へ申請を行い、商標権を取得する事が必要です。登録要件を満たしているかの審査を経て商標の登録手続きが行われます。商標権者は指定された商品・サービスについての登録商標を独占的に使用することが可能となります。また商標登録の有効期限は10年となります。もちろん延長も可能ですが注意が必要です。

®(マルアール)とTM(ティエム)

®はマルアールと一般的には呼ばれておりますがアールマークとも呼ばれております。もともとは米国商標法で規定されているもので、商標登録がされていることを示すものとして使用されています。実は日本の商標登録法では「登録商標」の文字とその登録番号を記載するという努力義務が定められておりますが、®の表示方法についての規定は特にないそうです。しかし今はロゴなどもデザインの一つとして考えられているので「登録商標第○○○号」とロゴの部分に入れたくないケースが多い事や表示のスペースが少ない場合などに®が慣用的に使用されています。しかし商標出願をしたばかりで、まだ商標登録がされていない場合に®を使用すると虚偽表示にあたります。その場合にはTMを使用します。TMはトレードマークの意味です。こちらも日本の商標法では特に表示方法についての規定がないようですが、一般的に商標出願中の商品や未登録でも商標として使用している事をアピールしたい場合に使用されています。

 

まとめ

昨今簡単にモノが売れない時代になっております。いくら良い商品を作っても、その商品のコンセプトや開発したストーリー性が弱ければお客様の心を響かせることが難しくなっています。そんな時代に大事なのが「ネーミング」です。しかし注意をしなければせっかく考えたネーミングも使用できない場合があります。(法律の事なので詳細については別途調べて下さいね。)お客様の心に響く商品とそれをお手伝いする「ネーミング」。今後もアパレルアイでは商品企画の一部として「ネーミング」を大切にして行きます!

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルの出張が変わる?

アパレルアイの福永浩士です。 先日JR東海が発表した新幹線への荷物持ち

ストライプインターナショナルの石川康晴社長

アパレルアイの福永浩士です。 「earth music & e

SDGsな繊維【ベンベルグ】

アパレルアイの福永浩士です。 昨今SDGsが盛んに叫ばれており、この取

アパレルと長期予報と2019AWの実際の動き

アパレルアイの福永です。 一昨日は九州北部を中心に豪雨がありました。被

海外出張の通信費をお得にするアイテム【グローカルネット】

アパレルアイの福永浩士です。 今や日本にある衣料品の97%以上が海外製