*

綿(コットン)について解説します!

わたしたちの生活の中で必要不可欠とも言える「コットン」。年間の流通量がどれくらいなのかご存じですか?今回は改めて、この「コットン」についておさらいしていきましょう。

 

コットンとは?

英語表記ではCottonです。植物繊維の代表的な存在です。綿花を紡績して糸にし、それを生地にして使用します。吸水性があり、洗濯しやすい、価格が安いことなどから実用衣料に多く使われますが、しわになりやすいなどの欠点もあります。

2016年の世界の繊維生産量8800万トンのうち、コットンは約2200万トンと推計されます。この数年、人口増で畑が食料用に変わるなど作付け面積は減少していますが、面積当たりの収穫量が増え、年間2200万~2500万トンで推移しています。

綿花の主な生産国は中国、インド、米国など。綿花の中で繊維長が長く、糸にしたときに光沢と高級感があるものを超長綿といいます。

The following two tabs change content below.
中山 悟

中山 悟

やっている仕事は主にaiaiの商品のデザイン。販促物・提案MAPの製作。社内のムードメーカー。パソコン関係の環境整備を行っています。 ブログを通して皆様にお役立ち情報を提供致します!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
関心が高まるESGについて

  こんにちは。アパレルアイの海内です。 持続可能な開発目

PLUG INのブース№決定しました!

3月13日~3月15日に渋谷のヒカリエ(9F)で開催される 「PLUG

旧暦とアパレル(2月編)

アパレルアイの福永浩士です。 2月ですね。2月は旧暦で如月(キサラギ)

「ヘリンボーン」ってどんな柄?由来等を解説します!

皆様は「ヘリンボーン」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?今回

今夏は爽やかに!

こんにちは。福永泰士です。 寒さ真っ只中でございますが、店頭にはもう夏