*

それでも日本企業と取り組む理由は?

こんにちはアパレルアイの海内です。
前回のブログでAFF展示会の紹介をしましたが、AFFに出展する中国企業にとって日本は現在でも重要市場の一つであり続けています。環境問題や人件費アップによって原価が高騰する中で、日本からの値下げ要請は引き続き強くなっています。
欧米企業のオーダーと比べるとロットも少なく、短納期、品質には厳しくて仕様も難しい。それでも日本企業を重要市場として取り組む理由を考えてみたいと思います。

目次

  • 信頼・信用できるパートナー
  • 付加価値の追求
  • まとめ

 

信頼・信用できるパートナー

やはり一番大きな理由は信頼できる、信用できるという事だという事です。
中国企業間では、何かと理由をつけて支払いを遅らせたり、滞る事があるという話を聞くことがありますが、日本では毎回きちんと支払いをし続けることが当り前です。そうした文化の違いから来ている考えなのかもしれません。また、支払い面だけではなく、仕事に対しても丁寧で正しい仕事をする事から、お互いにWIN-WINの関係で共に成長できるパートナーとして前向きに考えている企業が多いようです。

 

付加価値の追求

現在、モノづくりをしていく上で大きな問題の一つとして原料高や人件費アップからのコストの高騰が挙げられます。そんな中で、これを逆手にとって欧米向きからに日本向けへとシフトチェンジする企業も少なくありません。日本市場は慢性的なデフレ状態ですが、それでも日本市場は付加価値を追求した商品を開発すればビジネス拡大の好機となると考えられているのです。技術力や素材開発力によって高付加価値商品を開発し“良いモノ”を提案し、コスト一辺倒のモノづくりからこだわりのモノづくりへのランクアップを考えられています。

 

まとめ

中国の環境規制、人手不足、人件費の上昇、原料高の中でいかに売れるものを開発し生産して行くか?私たち中小企業のアパレルが生き残って行く為には仕入先さんとお客さんと強いタッグを組んでチームとして動いて行く事が大事だとつくづく感じておりますので、皆さまよろしくお願いします!

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
糸の番手とは?解説します!

生地を織り成す糸。生地と生地を縫い合わせるのも糸。糸はさまざまな製品を

縁の下の力持ち!シック布って何?その役割を解説します!

こんにちは吉實弘子です。 パンツを裏返した際にこのようなものを見たこ

本日21時 オンエアー!

こんにちは。福永泰士です。 前回のブログにて紹介させていただいたカフェ

アパレルにおける消費者の傾向

アパレルアイの福永浩士です。 前回は「アパレルの市場規模と購入動機」(

ポケットの種類について解説、第三弾は隠しポケット!

アパレルアイの桑田です。 今回は「隠しポケット」について解説します。