*

コンテナの豆知識

こんにちは。福永泰士です。
まだまだ暑い日が続いていますが、秋冬ものが続々と入荷しております。
この時期の荷受けはなかなか堪えるんです・・・暑い時期に重たい秋冬ものですので。
先日当社にコンテナで荷物が入ってきたのですが、今回はそのコンテナや物流についての豆知識です。

 

目次

  • コンテナの大きさ
  • デバン、ドレージ
  • まとめ

 

コンテナの大きさ

コンテナの大きさは基本2種類で、20フィートと40フィートです。20フィートは(長さ 5.9m × 幅 2.5m × 高さ 2.3m)という大きさです。(おおよその数値です)
40フィートは、幅・高さはほとんど一緒ですが、長さが約12mになります。
アメリカなどでは45フィートという大きさのコンテナもありますが、これは日本国内では一般道を運送することができず、使用されていません。
当社が使用するケース(平均的なもの)だと、20フィートでだいたい400~500ケースくらい積むことができます。1ケース20本入りとすると、8000本~10000本くらいです。

 

デバン、ドレージ

輸入業務をしていると、よく耳にする物流用語です。
デバンとはデバンニングのことで、コンテナから貨物を取り出すことを言います。
ドレージとは、コンテナを陸上輸送することを言います。たまにコンテナを積んだトラックを見かけることがありませんか?あれです。

 

まとめ

コンテナの中身がいっぱいであっても、スカスカであっても、コンテナ1つあたりの海上運賃は基本的には変わりません。
よって、できるだけコンテナをいっぱいにして製品を輸入した方が、1本あたりの輸入コストは低くなります。自社の荷物でコンテナをいっぱいにできない場合は混載のコンテナを使用しますが、取り出しや仕分けなどに時間がかかり、納品までの日数が少しかかってしまいます。
生地や仕様だけではなく、こうした物流コストも製品コストを削減するために大事なことです。

 

The following two tabs change content below.
福永 泰士

福永 泰士

主に営業と生産管理をしています。自社でみんなが思いを込めてつくった商品のポイントや良さと、またその商品がお客様にどのようにお役に立てるかを伝えることをしています。生産管理においては、いつ必要な商品かを考え、遅れが出ないよう努めています。生産から出荷になるまでスムーズに進むよう、段取りしています。
福永 泰士

最新記事 by 福永 泰士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
暖色と寒色。その効果・特徴について

アパレルアイの中山悟です。普段、無意識の内に視覚的に感じている色彩は、

フェイクファーについて解説します!

こんにちは吉實です。秋冬になるとあたたかそうでゴージャスに見れるファー

買い物の醍醐味

こんにちは。福永泰士です。 みなさん、最近買い物がネットばかりになって

これは新しい!?|最新トレンド「パックドリンク」

こんにちは。アパレルアイの海内です。 このところ暖冬だとか何とかで冬物

毛玉の効率的な取り方解説します!

アパレルアイの桑田です。 前回は、「セーターを縮ませない洗い方としぼり