*

アパレルにおける消費者の傾向

アパレルアイの福永浩士です。
前回は「アパレルの市場規模と購入動機」(参照:https://blog.apparel-ai.com/other/2495)ということで消費者の動向について触れました。今回は企業側から見た消費者の傾向を紹介いたします。

目次

  • 消費者が重視していること
  • 企業側の動き
  • コスパ重視は低価格とは違う
  • まとめ

消費者が重視していること

ここ1年の消費者の傾向で最も特徴的だと感じる事象についてアンケートを集約し、100社以上の企業から回答があり、その結果が下記の通りです。
1位:実需で買う(59社)
2位:EC利用の増加(32社)
3位:コスパ重視(25社)
4位:SNSの影響大(24社)
5位:低価格志向(21社)
と続きます。
この情報だけでは判断が難しいところがありますが、昨年の調査結果も踏まえると、「実需で買う」は2年連続でダントツ、「EC」と「SNS」は昨年調査から1ランクアップ、コスパ重視は1ランクダウン、「低価格志向」は3ランクダウンとなっています。

企業側の動き

ECを併用している企業では、ECでシーズン前に「予約販売」等という形をとりながら消費者から注文を受け、その数量を基に実需期の予測をたて、メーカーに発注する(あるいは生産する)という流れを作っているところもあります。
近年「セール」が大きな威力を持たないことから、在庫リスクに対する懸念が強くなりつつあり、発注数量(生産数量)に対し、かなりシビアになっています。

コスパ重視は低価格とは違う

「コスパ重視」は昨年調査で2位、今年の調査で3位の無視できない項目です。コスパ重視とは自分が払った対価におけるパフォーマンスの良さを重視している、ということですから、価格の高低は関係ありません。これが単純な「低価格」とは違い、差別化が図れるポイントになってきます。パーツの付け外しやリバーシブル等がそれに該当します。

まとめ

当社では2019SSに向けてこんな商品を開発しています。
前後逆でもはけるパンツ

前に留めるとラップスカート、折り返しを後ろに回すとガウチョパンツ

展示会で大きな反響を頂いた2商品です。最近の傾向に合致する商品ではないでしょうか?ご注文はお早めにお願いいたします!

The following two tabs change content below.
福永 浩士

福永 浩士

主に名古屋地区の営業。 経営補佐として経営計画書作成準備や各種資料の作成、情報の収集と整備をしています。助成金の申請や就業規則の見直しなど社内労務管理にも携わっています。
福永 浩士

最新記事 by 福永 浩士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルの適正在庫と在庫回転期間

アパレルアイの福永浩士です。 在庫とは商品のことです。適切に販売できれ

宇宙とアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 ノーベル賞ウィークですね。少し前にブラッ

何からやるかな?アパレルのサスティナブル

アパレルアイの福永浩士です。 先日国連で16歳の女の子が登壇して演説し

インドネシアのアパレル

アパレルアイの福永浩士です。 最近続けてインドネシアのアパレルに関する

アパレルの出張が変わる?

アパレルアイの福永浩士です。 先日JR東海が発表した新幹線への荷物持ち