*

当たり前に使っている“ブランド”という言葉|その意味を解説します!

普段、当たり前の様に使っています”ブランド”という言葉ですが、意味合いは何となく理解していると思いますが、ちゃんと説明してと言われるとちゃんと説明が出来ませんでした。今回はその”ブランド”の説明を解説します。

 

”ブランド”とは?

一言で説明すれば、他の製品と区別する『記号』という事になります。

ファッションに限らず、一般に販売されている製品には必ず「ブランド」が付いています。「日本語で表現するなら「商標」です。これは同じ商品、例えば、同じ洋服でも他(社)の商品との違いを明確にするための「記号」です。商標は特許と同じように法的にも保護され、現在はロゴや象徴的な柄など「意匠」も登録することができます。しかし、”単なる”記号ではありません。

 

 

ファッション製品でブランドと言うと、大きく以下の3つに分類されます。

・創業デザイナーの名前か、ブランドを象徴する名称を付けたデザイナーブランド
・企業名を付けたコーポレートブランド
・工場(メーカー)の名前を付けたファクトリーブランド

 

ただし日本国内を見渡すと、”ブランド”が指すところはやや特殊です。世界的にブランドと言うと、上記の3種類ですが、日本ではデザイナーブランドのほか、ブランドの考え方やイメージを言葉に置き換えた名称が主流となっています。

The following two tabs change content below.
中山 悟

中山 悟

やっている仕事は主にaiaiの商品のデザイン。販促物・提案MAPの製作。社内のムードメーカー。パソコン関係の環境整備を行っています。 ブログを通して皆様にお役立ち情報を提供致します!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルの世界で「無いもの」をつくる

アパレルアイの福永浩士です。 日本では年間15億着も誰の手にもわたらな

東京展示会のお知らせ(2020AW)

アパレルアイの福永浩士です。 いよいよ来週、東京展示会(2020AW)

気温とアパレルアイテムの目安

アパレルアイの福永浩士です。 2月になってようやく寒いといえる日がでて

新型肺炎からアパレルの影響を考える

アパレルアイの福永浩士です。 今回は、現在世界を震撼させている「新型コ

アパレルの面白い企業を見つけた!

アパレルアイの福永です。 年末年始、いろいろな媒体で特集が組んであり、