*

アパレル業界の取引条件について

アパレルアイ営業部の福永浩士です。
業界により、あるいは取引する相手方により、様々な取引形態がありますね。今日はアパレル業界にある主な取引形態について説明いたします。
商品をつくる側を「メーカー」、メーカーの商品を仕入れる先(問屋・専門店・量販店・百貨店等)を「取引先」と表現します。

目次

  • 買取とは
  • 委託とは
  • 消化仕入とは
  • まとめ

買取とは

買取は文字通り、取引先がメーカーから商品を買い取ることです。
取引先はメーカーから購入し、商品が届けば取引先の所有物となります。
メーカーは商品を取引先に買い取ってもらえるので、売れ残っても返品になることはありません。そのため、入金等が計算できます。また商品政策の面でも思い切って商品をつくることができます。
一方で、取引先はメーカーから買い取るので、商品の最終処分まで自社で責任を負うことになります。そのため、仕入れる商品の選定や発注数は慎重に行い、最終処分までを考えた値段で仕入する必要があります。
値段についても「委託」や「消化仕入」に比べて低くなります。
メーカーは商品が取引先へ販売できなかった場合はメーカーのリスクとなります。高付加価値の商品を作り、選ばれ続けなければなりません。

委託とは

委託はメーカーが取引先に「商品販売を委託する」ことです。「返品条件付き買取」と考えてください。
取引が成立し、商品が取引先に届けば所有権は取引先のものになりますが、売れ残った場合、取引先はメーカーへ返品することができるため、買取に比べ在庫のロスは少ないです。
取引先側からすると、買取よりリスクが低いので、買取に比べ高い値段で仕入れるのが一般的です。
一般的に、委託する商品をどれにするかはメーカー側に選択権があると言われますので、選択権がメーカーにある場合は、いろんな商品を試せるという面もあります。
売れ残ったら返品になることから、メーカーは頻繁に販売状況の確認を行う必要があります。
メーカー側は前年実績に基づいた商品製造となる場合が多く、大きい仕様変更等がしにくくなるという面があります。

消化仕入とは

多くの百貨店で採用されている方式です。
商品の所有権はメーカーのまま、店頭に商品が並びます。
取引先は店頭顧客に実際に販売できた数を仕入に計上する、という形になります。
取引先はリスクがほとんどないので、小売価格や店頭に並ぶ商品の決定権もメーカー側にあるのが多いようです。
メーカーは、取引先の場所や集客力を借りて商品を販売する、というイメージです。メーカーから販売要員を派遣することもあります。
但し、店頭に並んでも商品の所有権はメーカーのままですので、メーカーからすると火事や盗難、取引先の倒産などがあった場合、メーカー側は大きな損失となります。

まとめ

現在の流れとしては、「買取」が増え、「委託」が減っているようです。
委託や消化仕入で、売場に置く商品の選択権がメーカーにあると、取引先側は売場の商品構成の主導権が無いということになり、品揃えの良し悪しがお客様の評判・集客の増減に直結します。
何をつくるか、何を売るか、何を仕入れるか、どこに力を注ぐか、リスクをどれだけ取るか。
各企業により戦略は異なりますので、取引の相手方や方向性にあった取引形態を選択してはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
福永 浩士

福永 浩士

主に名古屋地区の営業。 経営補佐として経営計画書作成準備や各種資料の作成、情報の収集と整備をしています。助成金の申請や就業規則の見直しなど社内労務管理にも携わっています。
福永 浩士

最新記事 by 福永 浩士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
合繊素材が海洋汚染を引き起こす??

こんにちは。アパレルアイの海内です。 先日、ファミリーレストランの「ガ

スーツを長持ちさせる簡単なお手入れ方法を解説!

アパレルアイの桑田です。 今回はビジネスマン、ビジネスウーマンには欠か

世界最強!?ミノムシの糸!

アパレルアイの福永浩士です。 以前天然繊維シリーズで「蜘蛛の糸」や「蚕

暖色と寒色。その効果・特徴について

アパレルアイの中山悟です。普段、無意識の内に視覚的に感じている色彩は、

フェイクファーについて解説します!

こんにちは吉實です。秋冬になるとあたたかそうでゴージャスに見れるファー