*

寒い冬がすぐそこに!ウール高騰の対応商品をお勧めします。

みなさんこんにちは。アパレルアイの海内です。
少しずつ気温が下がり、店頭には冬物が並び始めています。
冬物の代表的な素材として挙げられるウール素材ですが、価格高騰が大きな課題でもあります。生地屋さんからは「びっくりするぐらい高騰している。」「昨年の素材を継続して使用できない。」など悲鳴のような声が続出しています。また今後も価格が下がる見通しがないと対応に苦慮する生地メーカーさんが多く私たちアパレルメーカーにも大きな影響が出ています。そんな中で考えられる対応策について考えてみたいと思います。

目次

  • ウールライクな布帛素材
  • ウールライクなニット素材
  • まとめ

 

ウールライクな布帛素材

ウールの高騰の対応策としてウール混率を落として値段を下げるという事も行われていますが、最も多く使われている代替え素材は『T/R両面起毛素材』です。今や冬の定番素材とも言える素材となりました。ウールのデメリットでもある、チクチク感が解消され、やわらかく良く伸びる素材感。また家庭洗濯も可能なイージーケア性を持ちながら見た目はウールの様なあたたかで高級感がある素材です。今まさにグレンチェック柄のワイドパンツなど良く売れています!
また、ここ2~3年前から『ウール調合繊』といってウールの様な表情のポリエステル素材が出てきました。さらにイージーケアで価格もリーズナブルなものが多いです。しかし『T/R両面起毛素材』と比べるとあたたかさも見た目の高級感も少しレベルが落ちる様に私は感じております。

 

ウールライクなニット素材

当社の企画でも冬の定番パンツとなった『あったかリッチパンツ』。まさにこの商品はウールライクなニット素材のパンツです。ニットですのでやわらかく良く伸びてはきやすい素材ですが、そのままではいわゆるニットパンツの表情です。この素材をオリジナルのプリント技術によって、高級感あるウールパンツに変身させています。この商品は特殊な発熱機能糸を使用しており太陽光を吸収して衣服内の温度を上昇させるという機能も備えた優れものです。そしてかなりボリュームのある裏起毛素材ですが、速乾性も優れています。室内の温度が高く蒸れた時も、また洗濯物が乾きにくい冬の時期もすぐに乾いてくれるという冬の大人気商品です!

 

まとめ

このように当社では高騰するウール素材の対応商品として初冬は『T/R両面起毛素材のパンツ』厳冬は『リッチパンツ』といった代表的なヒット商品があります!
興味を持っていただいたバイヤーさんは是非担当営業マンまでお問い合わせください!
※フリー在庫は少なくなっておりますのでご注意ください。

19A/Wに向けても新素材の開発を進めておりますのでお楽しみに!

 

 

 

The following two tabs change content below.
海内 孝治

海内 孝治

お客さまや生地屋さん仕入先さまと情報交換をしながら 『売れる!パンツ』 を企画し販売をしています。中国やカンボジアでの生産をしており現地のスタッフの方と打合せをしながらより良い商品つくりを心がけており ます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
糸の番手とは?解説します!

生地を織り成す糸。生地と生地を縫い合わせるのも糸。糸はさまざまな製品を

縁の下の力持ち!シック布って何?その役割を解説します!

こんにちは吉實弘子です。 パンツを裏返した際にこのようなものを見たこ

本日21時 オンエアー!

こんにちは。福永泰士です。 前回のブログにて紹介させていただいたカフェ

アパレルにおける消費者の傾向

アパレルアイの福永浩士です。 前回は「アパレルの市場規模と購入動機」(

ポケットの種類について解説、第三弾は隠しポケット!

アパレルアイの桑田です。 今回は「隠しポケット」について解説します。