*

ポリウレタンってどんな糸?特長を解説します!

綿100%とポリウレタン混紡のデニム生地、それぞれの生地にはきちんとした特長があります。今回は、ポリウレタン混紡デニム生地の特長やメリット/デメリットについてご紹介します。

 

目次

  • ポリウレタン混紡で作られているデニムの特徴
  • ポリウレタン混紡生地のメリット
  • ポリウレタン混紡生地のデメリット
  • まとめ

 

ポリウレタン混紡で作られているデニムの特徴

綿100%のデニム生地で作られた新品のジーンズを一度でも穿いたことがある人ならわかると思うのですが、最初はゴワゴワしてて動きにくかったりして、あまり穿き心地は良くないですよね。ゴワゴワで動きにくい理由は、その生地の硬さ。綿は伸縮性に乏しいので、長く穿き続けないとなかなか柔らかくなりません。

一方のポリウレタン混紡生地で作られたジーンズはというと、新品でも柔らかく動きもスムーズ。これは横糸に伸縮性のあるポリウレタンを数%程度使うことで伸縮性を持たせているから。その伸縮性を活かしてストレッチを効かせたジーンズによく使用されています。

 

ポリウレタン混紡生地のメリット

伸縮性が高くて軽い

ポリウレタンの最大の特徴は、伸縮性が高くて軽いこと。軽くて身体に馴染みやすいポリウレタン混紡デニムは、特に女性に人気があります。

スタイルが良く見える

伸縮性が高いポリウレタン混紡のデニムは、スキニーデニムやテーパードデニムといった体にぴったりとした製品を作るができるため、足が細長くスラッと見え、体型を補正してくれます。

 

ポリウレタン混紡生地のデメリット

熱に弱い

ポリウレタンは60〜80℃以上の熱が加わると、劣化しやすくなります。そのため、乾燥機にかけることは避けてください。

加水分解が起こる

ポリウレタンは熱だけでなく、水分にも弱いのが特徴。ポリウレタンは水分に反応すると、徐々に分解しはじめる(加水分解)ので、頻繁に洗濯したり、クリーニングに出したりするのは避けたほうが良いです。

 

まとめ

細身デニムには欠かせないポリウレタン素材ですが、その反面、劣化しやすいのが難点です。綿100%のデニムとポリウレタン混紡のデニム。それぞれの特徴をしっかりと理解して、うまく穿き分けて楽しみたいですね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中山 悟

中山 悟

やっている仕事は主にaiaiの商品のデザイン。販促物・提案MAPの製作。社内のムードメーカー。パソコン関係の環境整備を行っています。 ブログを通して皆様にお役立ち情報を提供致します!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と