*

ショップチャンネル|ラ・シュシュ 風を装うとろ美パンツのはき心地の良さをご紹介!

こんにちは。アパレルアイの吉實です。先日、友達に「脚がほっそり見えてきれいね!」って言われたの〜️♡って、すごく嬉しそうにお電話をくださいました。
対応させていただいた私もとても嬉しくなり、また喜んでいただける商品開発をしよう!と、すごく励みになりました。喜びのお電話頂いた、風を装うとろ美パンツですが、なぜ脚が細く見えたのかご説明しますね。

目次

  • ドレープ性のある素材
  • 裾に向かって細いシルエット
  • 脚のラインを拾わない分量感
  • ヒザ位置高め
  • まとめ

 

ドレープ性のある素材

パンツ自体にはゆとりがかなりあるのですが、ドレープ性のある素材を使用しており落ち感によりシルエットがストーンと下に落ちてくれ広がって見えないんです。

裾に向かって細いシルエット

ドレープ性による落ち感だけでなく、裾に向かって細いシルエットにしています。裾を細くすることでもたつき感をなくしスッキリした足元に見せています。

 

脚のラインを拾わない分量感

パンツのシルエットが細いだけでは、脚のラインをひらってしまいます。ヒップ下部分から裾にかけて、素材のドレープ性による落ち感を活かしながら適度なゆとりがを持たせるています。この適度な分量感がある事でスッとしたシルエットを作り出しています。

 

ヒザ位置高め

脚のラインを拾わないシルエットと言えども、パターンを作成する際にはヒザ位置も大切で、実際のヒザ位置よりも少し高めに設定しています。視覚効果ですが、ヒザ位置が高いと裾までの距離が長くなり、脚が長く見えるんです。

まとめ

これ旅行にはいて行ったの!お友だちと食事に行って楽しかったのたわ〜。っとお客様からたくさんのお電話をいただきます。これからも当社のパンツをはいて笑顔になれるお手伝いができればと思っております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と