*

あの話の続き・・・バーバリーは燃やすのを止めた!

アパレルアイの福永浩士です。
以前「英バーバリーが売れ残り商品を焼却処分!」(参照:https://blog.apparel-ai.com/overseas/2268)というタイトルでブログを書きました。そこから「進展」があったみたいです。今回はどんな進展があったのかを紹介いたします!

目次

  • そもそも何があった?
  • 何が進展した?
  • ファッション業界の環境汚染
  • まとめ

そもそも何があった?

2018年7月、英バーバリーが「3700万ドル(日本円で約41億円)相当の売れ残った服やアクセサリーを廃棄した」ことを明らかにしました。
金額も大きかったという事、トップブランドである事、使用可能な商品を燃やしたという事があいまって、ソーシャルメディア上でバーバリーは激しく「炎上」しました。
バーバリーはブランド価値を守るためにこのような行動をとったのです。
ただ、バーバリーだけでなくシャネルやルイ・ヴィトンなど他の高級ブランドも金額は分かりませんが、焼却処分をしているようです。

何が進展した?

これだけ世界中で非難されマイナスイメージがついてしまうと、リカバリーするのに相当の努力が必要です。
2018年9月、バーバリーは「売れ残りを燃やさない」こと、「本物の動物の毛皮を使わない」ことを発表しました。
売れ残りが出ないように生産や戦略の練り直しを迫られるでしょうし、「売れ残りを燃やさない」だけではマイナスイメージが払拭できないのでプラスイメージに持って行くために「本物の動物の毛皮を使わない」ことで世界への貢献を謳ったものと思われます。

ファッション業界の環境汚染

世界経済フォーラムによると、ファッションは石油に次ぎ、世界で2番目に環境汚染をもたらしている産業だそうです。1枚のTシャツを作るのに2700リットルの水を必要としていますが、そうして作られた商品の大半が売れずに無駄になっています。アメリカの環境保護庁によると、毎年約1200万トンの布製品がごみとして捨てられているそうです。

まとめ

マイクロプラスチック、森林伐採、大気や水質汚染などの環境破壊、売れ残り品の焼却処分、毛皮を得るために動物を射殺などこれまでアパレル製品を世に出すために行われていたことが許されなくなりつつあります。
企業として営利をを追求していくのは当然ですが、「企業としての正しさ」をどこまで追求していくか、ということも世間からは求められています。

The following two tabs change content below.
福永 浩士

福永 浩士

主に名古屋地区の営業。 経営補佐として経営計画書作成準備や各種資料の作成、情報の収集と整備をしています。助成金の申請や就業規則の見直しなど社内労務管理にも携わっています。
福永 浩士

最新記事 by 福永 浩士 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アパレルに科学を取り込む

アパレルアイの福永浩士です。 「アパレルは難しい」と言われておりますが

11月11日は何の日でしょうか!?

アパレルアイの桑田です。 11月も半ばを過ぎると、朝晩が結構冷えますね

あったら便利!プラスαのサービスに光あり!

こんにちは。アパレルアイの海内です。 モノが溢れていて売れない時代と言

デニム素材の染め方|ロープ染色と枷(かせ)染めの違いを解説。

デニム生地の糸の主な染め方には「ロープ染色」と「枷染め」の2通りがあり

色が持つ影響力 ! Part3. 黄と緑

こんにちは吉實です。 先週に引き続き色が持つ影響力について、今回は黄と