*

カラーコーディネートのコツとは?ポイントをご紹介します!

コーディネートで難しいのは、色の組み合わせ。思い切ってカラーを取り入れてみても、上下でちぐはぐな印象になってしまうこともしばしば。押さえるべきポイントにはどんなものがあるのでしょうか。そこで、目を惹きつつも“うるさく”ならないカラーコーディネートのコツを解説します。

 

目次

  • ワントーンか同系色でまとめる
  • 入れて良いのは3色まで
  • 差し色は小物の色に合わせる
  • まとめ

 

ワントーンか同系色でまとめる

今流行のワントーンでまとめるようにしてみては如何でしょうか?たとえば黒や白のモノトーンのワントーンコーデは合わせやすいですよね。まるっきり同じ色のアイテムを揃えるのが難しければ、モノトーンにグレーを差したり、ブルーに水色を差したりと同系色のコーデをするのも良いと思います。ただ、原色のワントーンコーデは悪目立ちするので、淡い色かモノトーンをオススメします。
同じ色でまとめるのも立派なカラーコーディネートの1つ。色合わせが苦手なビギナーの方はワントーンか同系色コーデをして、徐々にステップアップしていくのをオススメします。

 

入れて良いのは3色まで

色相表とにらめっこして考えながら組み合わせるのは大変ですが、「3色まで」というシンプルなルールであれば守りやすいですね。いきなり3色コーデをするのが難しい方は2色から始めて、どんな組み合わせが良いのか模索するのも良さそうです。

 

差し色は小物の色に合わせる

赤や青などの“差し色”は、少しでもかなり際立つので、面積の小さい小物で取り入れるのがオススメです。たとえば“帽子と靴下”、“ベルトと靴”といったようにポイントだけ押さえて、メインの服の色を控えめにすれば、全体的に締まって見えます。派手な色のアイテムをコーデに取り入れるのは勇気がいりますが、小物なら気軽に取り入れられそう。小物のほか、パーツの小さいネイルの色を合わせてみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

カラーコーディネートに苦手意識を持っている方も多いかと思いますが、いくつかのコツを押さえれば、ちぐはぐになることは避けられそう。臆せず、ちょっぴりチャレンジングなカラーコーデも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

The following two tabs change content below.
中山 悟

中山 悟

やっている仕事は主にaiaiの商品のデザイン。販促物・提案MAPの製作。社内のムードメーカー。パソコン関係の環境整備を行っています。 ブログを通して皆様にお役立ち情報を提供致します!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • feedly
  • livedoor
  • rss
糸の番手とは?解説します!

生地を織り成す糸。生地と生地を縫い合わせるのも糸。糸はさまざまな製品を

縁の下の力持ち!シック布って何?その役割を解説します!

こんにちは吉實弘子です。 パンツを裏返した際にこのようなものを見たこ

本日21時 オンエアー!

こんにちは。福永泰士です。 前回のブログにて紹介させていただいたカフェ

アパレルにおける消費者の傾向

アパレルアイの福永浩士です。 前回は「アパレルの市場規模と購入動機」(

ポケットの種類について解説、第三弾は隠しポケット!

アパレルアイの桑田です。 今回は「隠しポケット」について解説します。